スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2009/08/07】 新情報 まとめ

2009/08/07  Final Fantasy XIV 新情報 まとめ

関連
http://www.4gamer.net/games/092/G009287/20090807001/ 4gamer.net
http://www.famitsu.com/game/coming/1226443_1407.html ファミ通.com
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20090807_307582.html GameWatch

※ 内容が重なっているものに関しては省略


まとめ


・世界設定
 ┣エオルゼア地方は“小大陸アルデナード”と,その周辺の島々によって構成
 ┗海の都"リムサ・ロミンサ"砂の都"ウルダハ"森の都"グリダニア"山の都"イシュガルド"などといった都市国家が点在

・種族
 ┣FFXIVの種族に関しては,ヒューラン,ミコッテ,ララフェル,エレゼン,ルガディンの5種類
 ┗それぞれヒューム,ミスラ,タルタル,エルヴァーン,ガルカに非常によく似ている

・アーマリーシステム
 ┣手に持つ武器や道具を変えることで、キャラクターの特性をが変えられる
 ┣一人のキャラクターが、それぞれの能力を個別に上げることができる
 ┣ゆくゆくは“ジョブ”へと繋がっている
 ┣“アーマリーシステム”と呼ばれるもので、キャラクター成長の根幹となるもの
 ┗拠点へ戻ることなく,その場で役割を変えられる

・クラス
 ┣ファイター 武器を装備したときにチェンジできる職能
 ┃  ┗剣術士 弓術士
 ┣ソーサラー 魔力を宿した魔器を装備したときにチェンジできる職能
 ┃  ┗呪術士  幻術士
 ┣ギャザラー 鉞(まさかり)に代表される、採集道具を装備するとチェンジ
 ┃  ┗園芸師 漁師
 ┗クラフター 鍛冶に使用するトンカチなどの、生産道具を装備するとチェンジ
     ┗鍛冶師 調理師

・クエスト
 ┣冒険者ギルドは"ギルドリーヴ"と呼ばれる仕事の委任パスを発行
 ┣ギルドリーヴはステンドクリスタルが嵌め込まれたプレートの外見
 ┣現在の状況やキャラクターの能力に応じて、いくつかのギルドリーヴをマスターから提示
 ┣ソロプレイ用からパーティプレイ向けまで、さまざまなタイプがある
 ┗異なるギルドリーヴを持ち寄ることで、一つの大きな依頼内容を構築できる

・移動
 ┣冒険する際には、"エーテライト"を利用しての移動が可能
 ┗他の場所にあるエーテライトや,"エーテリアルゲート"と呼ばれるポイントまで瞬時に転送


続き ⇒ 詳しい世界設定・情景  各種族紹介
・エオルゼア設定文献

エオルゼア?神々に愛されし地?

『ファイナルファンタジーXIV』の最初の舞台であり、
すべての冒険者の第二の故郷となる"エオルゼア "。
母なる世界"ハイデリン"の小大陸アルデナードと
周辺の島々からなる地域の総称であり
海の都"リムサ・ロミンサ"、砂の都"ウルダハ"、
森の都"グリダニア"、山の都"イシュガルド"など、
当地に点在する都市国家より成る文明圏の名でもあります。
南北で激しく異なる気候。荒涼無辺たる大地。のし歩く山の如き巨獣。
エオルゼアの自然は、けっして人間にやさしくはありません。
覇を競う都市国家。血を欲する蛮族。そして、未知なる外敵。
エオルゼアの歴史は、血塗られた戦史で綴られてきました
しかし、それでも"神々に愛されし地"とされ、
多くの人々がエオルゼアに引き寄せられてきました。
なぜでしょうか?
それは、ハイデリンのすべてを形作るとされる物質、
エーテルの結晶たる"クリスタル"の存在が、カギとなっているようです。
冒険者によって新たに紡がれるクリスタルの物語の舞台……。
それが、この"エオルゼア"なのです




・時代背景

時代背景


十二神の内の一柱を各々の守護神とする、エオルゼアの都市国家群。

領地や権益、あるいは神々の解釈をめぐり、
諸都市は合従連衡をくり返しながら長き戦乱の歴史を刻んできた。
だが15年まえ、東の大国ガレマールによって、
6大都市一の強国アラミゴが陥されたことを機に情勢は一変した。
天空を航行する戦艦、連発銃で武装した兵士。
共通の脅威をまのあたりにしたエオルゼア諸都市は、
密かに軍事同盟を締結。
“凪の時代”と呼ばれる、しばしの平和な時代を迎えたのだった。
そして現代、各国が正規軍の整備を進めたために
不要となった傭兵や退役兵たちは職に溢れ、不穏分子と化していた。
これを憂えた、さる傭兵隊長は有能な者を集めて互助組織を結成。
さまざまなトラブルを引き受けて解決する新たな稼業を確立させるに到った。
その名は“冒険者”。
冒険の世紀の幕開けである。




種族紹介は こちら
スポンサーサイト

comment

Secret


FF14 ブログ
ff14 twitter

公式・Wiki

.

ブログリンク


このブログをリンクに追加

ブロとも募集中!

.

RSSリンク

.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。