スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂にFF14 ベータテスター募集開始!

遂にFF14ベータテスターが募集を開始しました!

長らく情報を伏せていただけあって、いきなりの開放に色んな所で騒がれています。
FF13のキャンペーンコードも事前に流出していた情報通り
FF14ベータテストのキャンペーンコードとゲーム内シークレットアイテムだった模様。

私はFF13同梱版のLIGHTNING EDITIONを予約しているので勝ち組になれたかなといったところでしょうかw
あの微妙なデザインはまた別として…。

さて今回開始されたβテスター募集ですが事前の情報通り以下のスケジュールで発表されました。

Windows版→Windows版/PS3版→オープンβ?→公式サービス開始

FF13封入のキャンペーンコードはPS3版クローズドβテストに特別専用枠で応募出来るといった内容ですので

結局βテストを初回から体験するには狭き門の「Windows版」の抽選を突破しなければならない
という課題はクリア出来ず。
恐らくかなり高い倍率になると思いますので、例に漏れず私もWindows版の抽選に当たる気がしません。w

それにしてもFF13封入のキャンペーンコードの正体

今後予定されている「ファイナルファンタジーXIV」PlayStation 3版βテストには、「ファイナルファンタジーXIII」初回生産パッケージをお買い求めいただき、キャンペーンコードをお持ちのお客様だけが応募可能です。

これはかなり思い切ったことをしたなぁというのが正直な感想です。

この一文はどうとでも解釈が取れる文章ですが

FF14のPS3版βテストはFF13初回生産パッケージを買った、もしくはキャンペーンコードを持っている人のみ参加?
もしかしたら特別枠での応募はキャンペーンコードがないとダメ。という一文なのかもしれませんが…。

とにかく、キャンペーンコードを持っているに越した事はありませんので
ヤフオクで初回生産のFF13の値段はかなり高沸しているそうです。

今回募集がスタートしたのはWinsows版のβテスターですが

応募資格は次のようになってます。

・ 18歳以上であること
・ スクウェア・エニックス アカウントを所持していること
※スクウェア・エニックス アカウントをお持ちでない方は「こちら」からご登録ください。
・ インターネットに接続できる環境にあること
・ 大容量のデータをダウンロードできること
・ 積極的に参加し、日本語、英語、ドイツ語、フランス語のいずれかで不具合報告などを行えること



βテストですので応募資格があるのは分かりますが、18歳以上というのも驚き。
これは年齢確認どうするのか非常に興味がありますが、やはりネットゲームが及ぼす実生活への影響を
スクエニも一応懸念していることが伺えます。

FF11も一応警告文のようなものがありましたが、皆エンター連打だったんだろうなぁ…。


さらに…


・ 応募時にご入力いただいた内容を元に選考を行い、当選者にのみメールにて通知します。
※先着順ではありません。
・ βテスター選考はテストのフェーズ毎に実施し、その都度βテスターを増員します。
・ 当選された方は、当選時からテスト終了時までテストに参加し続けることが可能です。
・ 初回の選考に当選しなくても、次回以降の選考対象となりますので複数回応募する必要はありません。


フェーズ毎の増員&一度申し込めば再抽選をして頂けるという事でこれは有難い。
どれぐらいの数を想定しているのか分かりませんが、各国の公式サイトで既にベータテスト募集が開始されているので
各国同時でβテストを開始される事が想定されます。


FF13発売日にβテスター募集開始という、かなり異色の運びとなったFF14ですが
サービス開始はそれほど遠い未来でも無さそうです。

私の今のPCではFF14を動かすにはかなり厳しいので新しいPCを模索中。
今の所第一候補は

エイリアンウェア
このPCを考えています。自作もいいしBTOで手っ取り早く済ませてしまうのもいいですが
こちらのPCなら恐らくFF14は動くでしょうし値段も相応とはいえ、まだ許せる値段かなと。

とりあえず当分はライトニングさんと一緒に世界を救わなければいけないのは確定的に明らか。
スポンサーサイト

comment

Secret


FF14 ブログ
ff14 twitter

公式・Wiki

.

ブログリンク


このブログをリンクに追加

ブロとも募集中!

.

RSSリンク

.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。